MV AGUSTA JAPAN
INFORMATION YEAR BOOK ORDER DEALER MAP
CAGIVA MV AGUSTA Husqvarna

Show room
Heritage
Accessories
サービス・リコール情報
Heritage
1950年 Giovanni Castiglioni氏が金属部品製造会社を創立した。
社名は創立者のイニシャルCA(Castiglioni)・GI (Giovanni)
及び創立地名VA(Varese,Italy)を合わせて“CAGIVA”とした。
1978年

CAGIVA社はモーターサイクル事業へ参入を開始した。
同社を経営する創立者の子息であるCastiglioni兄弟はモーターサイクル開発に情熱を注ぎ、ヨーロッパでも最もダイナミックなモーターサイクル企業を造り上げた。
モーターサイクルファンにお馴染みの赤/シルバーの鮮烈なカラーリングモデルを世に送り出した。
同社は航空製造会社Aeromacchi社の工場だった建物を本社屋として使用してきたが、さらにバレーゼ(Varese)近隣にあったイタリアAMF-Harley Davidson社の工場を購入し事業基盤を確立した。
同社にはAeromacchiの航空工学及びMV Agustaのモーターサイクル開発で培った技術と情熱を抱いた技術者が集まってきた。
同社を創立したCastiglioniファミリーは技術開発に対して惜しみない投資を行なうと共に生産システムの改善に着手した。

1979年 同社の従業員も150名を超え、HD及びCAGIVAブランドの8モデル(125〜350cc)で4万台を生産できる規模となった。
1980年 同社が開発及び製造販売するモーターサイクルのブランド名をCAGIVAに統一した。
モーターサイクルのデザインと技術開発はもとより、エンジン及びフレームの一貫生産が可能な会社として知られるようになった。
1981-1982年 同社を率いるCastiglioni兄弟は徹底的なマーケットリサーチを行ない、モーターサイクル愛好者の心をつかむ魅力あるモーターサイクル造りに弛まない努力と情熱を注ぎ、市場に認められる企業に成長した。
CAGIVAブランドのモーターサイクルは、オンロードモデル及びモトクロス・エンデューロなどオフロードモデルにおいても斬新な商品を開発し、特に小排気量モデルは市場で高い評価を得た。
1983年 同社はDUCATIブランドモーターサイクルの製造販売の権利を獲得。それにより4サイクルエンジン(350cc〜1000cc)を搭載した大型排気量モデルの開発生産を本格的に開始した。
1985〜1986年 同社は更なる成長をめざしてMoto Morini及びHusqvarnaブランドモーターサイクルの製造販売の権利を得た。
全世界に対するこれらブランドモデルの販売機能を拡充するためにボローニア(Bologna, Italy)にCAGIVA COMMERCIALE社を設立した。50カ国以上の国々で受け入れられた。
特にHusqvarnaブランドモデルは同社のオフロードモデル強化に大きく貢献した
1987年 同社はサンマリノ共和国(The Republic of San Marino)にリサーチセンターCAGIVA Research Center“CRC”を設立し責任者にモータービークル分野で世界的に著名なMassimo Tamburini氏を充てた。
同氏はCastiglioni兄弟の弟Claudio Castiglioni氏との親交は厚くモーターサイクルにかける両氏の情熱と英知が集結しモデル開発の基盤がより堅固なものとなった。
1990年 同社の本拠地近くのモラゾーネ(Morazzone)にスチール及びアルミニュームフレームを一貫して製造できる新工場を設立した。その後工場内にモーターサイクルデザイナーMiguel Galluzzi氏が主宰するデザインセンターCrimson Design Centerを設けた。
1999年 同社は本拠地域内のカッシネッタ郡(Cassinetta di Biandronno)にモーターサイクルの生産組み立て・完成検査・及び塗装など総合的に運営できる新工場を設立した。
敷地内にはサービス及びパーツセンターも併設され、より機能的な活動が可能となった。
現在における同社の拠点は
・本社及び本社工場(Schiranna)…経営機能・商品開発設計・エンジン組立・部品製造
・モラゾーネ工場(Morazzone)…フレーム製造組み立て
・カッシネッタ工場(Cassinetta)…モーターサイクル生産・パーツセンター・サービスセンター
・CRC(Republic of San Marino)…モーターサイクルR&D
*従業員:約650名(そのうち約150名がR&D及び商品開発設計スタッフ)
同社は、MV Agustaブランドの製造販売権利を獲得し、経営戦略上の理由から社名をMVAgusta motor社へ変更した。取扱いブランドはCAGIVA・Husqvarna・MV Agustaとなった。
ミラノ国際ショーにおいてCAGIVAブランドのニューモデル (V-Raptor/Raptor/Navigator)を発表。斬新で意欲的なデザインは市場より好評を得た。
2000年 CAGIVAブランドロゴとして使用したきたエレファント(象)マークが新しいデザインに変更され、より近代的なイメージに生まれ変わった。

GP500
1980年 CAGIVAブランドのロードレーサーがワールドチャンピオンシップロードレースの500cc部門へ始めて参戦した。ドイツ(Nurburgring, Germany)におけるレースにおいてライダーVirginio FerrariがCAGIVAネームのロードレーサーを駆って正式デビューを果たした。
1981年 CAGIVAモデル 2C2に搭載した直列4気筒118馬力のエンジンには始めてロータリーディスク方式による吸気システムを導入した。
1982年 GPシリーズで初の入賞ポイントを獲得。
1987年 ワールドチャンピオンライダーRandy MamolaがCAGIVAモデルでGPレースへ参戦し入賞ポイントを重ねていった。
1988年 ベルギー(Belgium)で開催されたSPAグランプリにおいてCAGIVAモデルC588で優勝。
このモデルには新しくデザインされたアルミニューム合金製フレーム、湾曲形状のリアアーム及びフェアリングなどが組み込まれていた。
1988-1990年 GPシリーズで入賞ポイントを継続して獲得。
1991年 これまで3回ワールドチャンピオンに輝いたライダーEddile LawsonがCAGIVAモデルでGPシリーズに参戦。フランスGP(Le Castelet, France)で表彰台に上がり注目を集めた。年間シリーズでは総合6位を獲得した。
1992年 CAGIVA社の弛まない努力が実り、ハンガリー(Hungary)で行なわれたレースで初優勝を獲得。この優勝を機にCAGIVAブランドはチームとして世界の人々に認められ、日本メーカー各チームと対比して語られるようになった。
1993年 チームマネジャーGiacomo Agostini率いるCAGIVAチームは各地にレースで活躍した。
ライダーDoug Chandlerはシーズン最初のレースで表彰台に上がり、シーズン最後のレースではライダーJohn Kocinskiが優勝した。
1994年 CAGIVAチームのライダーJohn KocinskiはオーストラリアGPで優勝するなど通算7回表彰台に上がり、総合3位の成績を獲得した。
1995年 CAGIVA社はこれまでのレース活動を通じて得た新しい技術を市販モデルへ投入し商品性を高める努力を払ってきた。
一方同社はMV Agustaブランドモデルの復活を控え、新しい経営戦略の検討を重ねてきた。
その結果、企業としてロードレース活動停止し、同社が取り扱う3ブランド(Cagiva/MV Agusta/ Husqvarna)の市販モデルの開発及び生産、販売機能の拡充へ専念する事と致しました。

ページトップへ戻る

| プライバシーポリシー | サイトマップ | 会社概要 | リサイクル | Copyright(c) MV AGUSTA JAPAN CO.,LTD. All rights reserved.