MV AGUSTA JAPAN
INFORMATION YEAR BOOK ORDER DEALER MAP
CAGIVA MV AGUSTA Husqvarna

Show room
Heritage
Accessories
Scholarship Program
サービス・リコール情報
Heritage
1903年 Husqvarna社はスウェーデン(Sweden)にて自社ブランドのモーターサイクルを誕生させた。自転車に小型2馬力4サイクルシングルシリンダーエンジンを取り付けた最高速度は50km/hのモデルだった。
1909年 スイス製548cc2気筒V型4サイクルエンジンを搭載したモデルMoto Reveの生産が開始された。このモデルは以降10年間生産されスウェーデン軍用モーターサイクルとしても使用された。
1916年 モーターサイクルにとって過酷な耐久レースで初勝利をおさめた。
1919年 初めて自社製のエンジンを開発した。以降1930年頃まで自社製エンジンを搭載したモーターサイクルの生産を続けた
1922/1936年 並行してイギリス製シングルシリンダーエンジンを搭載したモデルを生産した。またモーターサイクルを他のメーカーJAP/Sturmey Archer Motorsへ供給した。
1938年 開発モデルの主軸を4サイクルエンジン搭載の重量モデルから2サイクルエンジンを搭載した軽量モデルへ移行させた。この中で98cc2サイクルシングルシリンダーエンジンを搭載したモデルを誕生させた。第2次大戦後、排気量を118ccへ変更しBlack Millというモデル名では1954年まで生産された。
1953年 エンデューロレース、モトクロスレースへ本格的に参戦。175cc2サイクルシングルシリンダーエンジンを採用したコンペティションモデルで9名のライダーが6日間のエンデューロレースに参戦した。結果、優勝7個と3位2個を獲得した。このモデルはDream Bikeと呼ばれた。
1955年 さらにコンペティションモデルとして軽量化を重ね車重75kgのモデルSilverpilを造り上げた。このモデルは多くの若いライダーに支持を受け10年間生産を継続した。
1959年 多くのSilverpilライダーはクロスカントリーレース参加のため改造を始める。その流れに沿って排気量を245ccまで拡大し馬力も15PSとした。また変速数も3段から4段へ変更した。
ライダーRolf TibblinによってHusqvarnaは初のワールドチャンピオンを獲得した。
1961年 クロスカントリレース500ccクラスでライダーBill Nilssonによってタイトルを獲得。
1960/1979年 Husqvarna250cc及び500ccクラスで幾多のタイトルを収め、スポーツとしてのクロスカントリーレースを普及させるのになくてはならない存在となった。ヨーロッパおよびアメリカ市場で多くのライダーに支持され生産台数も増加した。
1979年 Husqvarna社はモーターサイクル事業に加えミシン・チェーンソー・芝刈り機・洗濯機・小型各種機械などの生産も開始した。
1986年 同社はスウェーデン(Sweden)の産業政策を背景にモーターサイクル事業を切り離しCAGIVA社へ引き渡した。CAGIVA社はHusqvarnaブランドを守りさらに新技術を注ぎ込み全世界へ供給し始めた。
1993年 Husqvarnaブランドのモーターサイクルが誕生してから90年を迎えた。
2サイクルモデルが20年間ものあいだ優勢だった500ccクラスレースにおいて4サイクルエンジン搭載したモデルでワールドチャンピオンのタイトルを獲得した。
1996年 ドイツのケルン(Cologne、Germany)で開催された国際展示会でセルスターターを装着したモデルTE610Eを発表した。
同年、15カテゴリーのクロスカントリーレースにおいてタイトルを収めた。
1998年 ドイツのミュンヘン(Munchen, Gaermany)で行なわれた国際展示会で子供向けミニクロスモデルを新たに発表した。続いて新規にスーパーモタードモデルSM125及びSM610を発表し注目を集めた。
ライダーChicco ChiodiはモトクロスモデルCR125を駆って世界タイトルを獲得。
1999年 ライダーChicco ChiodiはモトクロスモデルCR125で連続して世界タイトルを獲得。また栄誉ある特別賞(Special manufacturer Champion Ship)を与えられた。
2000年 Husqvarnaブランドのスーパーモタードモデルは従来のエンデューロ/モトクロスモデルと共に全世界の多くのライダーから受け入れられた。
2002年 ミュンヘン国際ショーでエンデューロ、モトクロス、スーパーモタードの100周年記念モデルが発表された。
2003年 1903年に開始されたモーターサイクルの生産から100周年を迎えた。
同年、エンデューロ、スーパーモタードそれぞれの世界選手権においてANDERS ERIKSSON、EDDY SEELがワールドチャンピオンに輝き、加えて両カテゴリーにおいてメーカータイトルを獲得した。

ページトップへ戻る

| プライバシーポリシー | サイトマップ | 会社概要 | リサイクル | Copyright(c) MV AGUSTA JAPAN CO.,LTD. All rights reserved.